摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

最低だと思うけど、仕方ないとも思う

月曜日。


仕事は嫌すぎるってほどじゃないけど、なんだかなぁ…って感じ。


悪夢見て起床。


で、いろいろとあって。仕事で。心の整理ができず、結局過食嘔吐


というか、今食べてる。



※こっからは、落ち着いたあと。


最初はそんなつもりなくって。ちょっと休憩…みたいな。ほんの少しだけ。ほんの少しだけ。


しかしこうなっちゃうんだな。


一店めでソワソワきて、二店目。子ども待たせたてる。最低。


もういい加減にしてよ、私。いい加減にして。





だけど仕方なかったんだよね。


私頑張ったね、なんて…もう思わないけど、一日、疲れた。疲れたよ。

血糖値だとか肝機能だとか

職場の上司が、血糖値とかそういう数値を気にして、いろいろ頑張ってます。


サプリとかいろいろ飲んだり、定期的に血液検査したり。


私に、その健康法などを強要するわけじゃないのでまぁ平和なもんですが


だけどね、そんなのクソ喰らえだ。私にしてみたら。


過食嘔吐のときなんて、もう糖質も脂質もトランス脂肪酸も添加物も…なーんも考えられない。


健康とかもう全然考えてない。狂ったように詰めて出す。ただそれだけ。


「これは体に悪い…」なんて考えてないわー。そもそも過食嘔吐自体、どんだけ体に悪いんだか。


自傷行為っていわれることもあるけど、確かにそうだわね。

一難去ってまた一難

一難去ってまた一難…なんていう、大袈裟なものでもないのですが、


仕事でなかなか思うようにいかず、スランプ気味だったここ最近、ようやく突破したと思ったら…


今度は子どもの習い事関連で、面倒なことがいろいろとありまして。


割と仲良くしているママから、頻繁に愚痴メール。


本当はそれに対して「それってちょっと違うんじゃない?」「いやいや、それはあなたの考えがよくないよ」「私はそういう考え方しませわけど…」なんて、異論を唱えたいわけですけど、この先長いお付き合い。


何があるかわからない。子どもにも影響するかも。


そしてまだ親しくなって半年ほど。お互いの人間性も不確かだ。


さらにその方があまりよく思っていない別の子のママも、私は好き。


だから、どなたからも嫌われないように、穏やかに穏やかに。そうやってやり過ごしているつもりなのですが、正直面倒くさい。


今は割と精神的に安定しているからいいけど、鬱々としているタイミングだと、こういった些細なことも過食嘔吐の要因になる。


みんな、生きるって、生活するって大変だよね。そりゃあストレス溜まるよね。


本当、一難去ってまた一難。人生この繰り返し。

案ずるより産むが易しとはよく言ったもの

仕事の関係で、全く鬱々としていた私ですが…


実は先週1週間直属の上司が休暇でして、それが妄想癖&考え過ぎ&マイナス思考な私の勝手な思考回路によって、余分に鬱々としていたことがわかりました。


例えば…あのチャットはこう返すべきだった?上司の意にそぐわないことはなかった?アレもっとこうしたらよかったな…こんなことばっかり。


いざフタをあけたら、なんてことはない。


案ずるより産むが易し。昔の人はよく言ったものですよね。


マイナス思考は全く。よくない。よくないですね。


あーそれでも働くって、大変。どんな仕事であれ、みんなお疲れ様です。

生きたいけど、死にたい

前回のブログで、過食嘔吐目的で食べたものを結局嘔吐しなかったって話。


後日談。それで今のところ体重が増えることもなく。もちろん食べたものが玄米1杯分と豆腐ですしね。


それをどうしてあんなにも…さも一大事件のように捉えてしまうんかな。


タイトルの「生きたいけど、死にたい。死にたいけど、生きたい」というのは、昨日観ていた覚醒剤中毒者の動画より。


これ、私も昔はよく考えていたなぁ…と。


そしと今現在の私。仕事のストレスからなのか?ちょっとおかしいんです。


もう半月?この状態。


考えて私が変えられないことは、もう考えない。ダメならダメで終わりにする。私がたとえ鬱病になったって、上司はたいして堪えないんだから。


私が考えて変わらないことは、一回どっかに置いて考えない。そうする。