摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

国立病院ダイエット

大学3年生くらいでしょうか…これまでも少しだけ食事を減らしてみたり運動量を増やしてみたりと、冷やかし程度の自己流ダイエットはやったことがあったのですが、何かのきっかけで友人3人と国立病院ダイエットをしようということになったのです。


3人でやれば続くかも…あなたがやるなら私だって…この程度の軽い動機でした。


知る人ぞ知る国立病院ダイエット。トースト、ゆで卵、グレープフルーツをメインに、あらかじめ決められたメニューを2週間続けるというダイエットです。


なぜかその時の私はこれまでと違い、きっちりきっちり実行しました。決められたメニューですから、迷いがなかったのが良かったのかもしれません。


実際、摂取カロリー自体かなり少ないため、空腹も強かったのですが、ゲーム感覚だったのでしょうか…他の2人が挫折する中、私だけ2週間しっかりこなせたのです。


当時、友人が挫折したダイエットを私だけがやり切ったという優越感は、相当だったと思います。自信にもなりました。


しかし、この2週間で2キロくらいしか減量できなかったのです。これを不満に思った私は、そのままどんどんダイエットにのめり込んでいきました。