摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

完璧なはずのダイエットに崩壊の兆し

今思い返したら、大学4年生になる少し前に引っ越しをしたのですが、そのタイミングで私の完璧なダイエット生活が破綻の兆候を見せたように思います。

 

引っ越したその日、引っ越しの手伝いをしてくれた両親が帰った瞬間、何とも言えない、何かわからない感情が溢れ出てきたのです。

 

感情というより…もはやダムの決壊

 

それまでは綿密なダイエット生活でしたから、時々もらうお菓子などは食べられるはずもなく、ひとつの箱に入れて保管していました。

 

それはスニーカーの箱で、たくさんのお菓子が詰まっていました。

 

その箱に入っていたチョコレート菓子を食べずにいられなかったのです。

 

当時、お菓子を全く食べていなかったわけではありませんでしたが…次から次へと一箱全部…ものの数分で食べきったことの罪悪感と自分への失望感に押し潰されそうでした。

 

気づいていなかったけど引っ越しによる環境の変化もあったはず…

 

とにかくいろいろな感情が襲ってきて、ボロボロと涙がこぼれた。あれなんだったんだろう…。

 

そんなこと初めてで、自分が狂ってしまったんじゃないか?という不安もあり、急いで彼に電話をした。あの時、彼はすぐ来てくれたのかな…来なかったのかな…なんだか大切なことなのに覚えていない。

 

でも、それで気持ちはおさまって翌日からは元の生活に戻った。また、ダイエット生活。

 

ただ、何かあると食欲がコントロールできなくてワーっ!と暴食するようになった。過食の始まり