摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

悪化しなかった理由① ※私が思うところ

「仕事」

 

摂食障害でどんな状態でも、仕事は辞めなかった。一度も休まなかった

 

摂食障害の悪化により、飲食業から転職する際も、働きながら転職活動をした。

 

そして内定をもらった転職先に入社するまで1ヶ月弱の期間も、アルバイトをしていました。

 

貯金がなかったわけでもなく、ただ、社会から離れてもっと摂食障害が酷くなるのが怖かったんです。

 

深夜まで続く過食嘔吐や、朝暗いうちから目覚めての過食嘔吐

 

そんな睡眠不足の状態でも、浮腫みがあっても、仕事は休まなかったし、風邪でも休まなかった。

 

これが万人に良いと思っているわけではありません。時には足を止めて休憩した方がいいこともあると思う

 

ただ私の性格上、仕事を続けていたことは、結果的に良かったのかな?と思います。

 

その時は摂食障害のためにそうしていたわけではありませんが…

 

しかし正直、楽ではありません。仕事中に過食衝動が起こったりして、それはそう簡単に止められないんですから