摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

摂食障害で受診した2つめの心療内科

1つめの心療内科を、わずか3ヶ月程度で勝手に通院中止した私。

 

それから数ヶ月、過食嘔吐は続き、やっぱり治さなきゃマズい…という焦りから2つめの心療内科を受診しました。

 

もっと慎重にクリニックを選べば良かったのですが、その時重視していたのは仕事の合間に行けるか、ほとんどそれだけでした。

 

そして選んだのは、シンプルでキレイな心療内科

 

そこで処方されたのがいくつかの抗不安薬睡眠薬リタリンだったのです。

 

依存度が非常に高く、今ではかなり処方が制限されているリタリンを処方されたのです。

 

当時リタリンの存在を知らなかった私は、抵抗もあまりなく数日服用。

 

結局、最初の1週間ほどはクリニックに行った刺激もあり過食嘔吐はストップ…しかしまたジワジワと過食衝動

 

そんな時、薬を飲んでも全く状態が良くならない私を見兼ねた恋人(今の夫)が、『その薬を俺に飲ませてみろ』と。

 

その時の私の精神状態は酷いもので、しかも同棲していましたから、彼も相当大変だったと思います。ちょっとしたことで怒り、泣き、塞ぎ込む私、よく別れなかったと思います。

 

そんな状況でしたから、彼は私がどんな薬を飲まされているか気にしたんでしょうね。まぁ、かなり乱暴な方法ですが。

 

これ本当は決してやってはいけないことですよね。でも私は、彼にリタリンを服用してもらったんです。

 

『お前、この薬は危険だぞ

 

リタリンを飲んで異常なほどテンションが上がったという彼が、翌日そう言ってきたのです。

 

それで、このクリニックへの通院やリタリンの服用はあっさり止めました。

 

もう薬はいやだ…薬でなんて良くならない…絶望感の中、強くそう思いました(完全に当時の私の主観です。服薬で良くなることも、当然あると思っています!)。

 

結局、この心療内科はどうなったか?確か警察の捜査が入ったはず。ニュースで見ました。

 

それにしても、この時けいさつ頃の私、なんていうか運が悪いなぁと…。