摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

過食嘔吐が止まらずカウンセリングへ

最初に行った心療内科が紹介してくれたカウンセリングルームに通っていたことがあります。


海外はすでにカウンセリングが当たり前で、人々の生活に馴染んでいるようですが、日本だとまだまだ受ける機会は少ないですよね。


私もそれが最初で、今のところ唯一のカウンセリングでした。


担当してくれたカウンセラーは、顔が小さくてスッキリした印象の背の高い女性でした。穏やかそうな見た目です。


嫌悪感を抱くこともなく、むしろいい印象でしたが、やはり最初は見ず知らずのカウンセラーにあれこれ話すことに対抗がありましたね。


過食嘔吐してるなんて、堂々と言えることじゃありませんし、やっぱり恥ずかしいですから。


さらけ出すことを強要されることはありませんでしたが、できるだけ思いを吐き出すように言われました。


どんなタイミングで、何をどれくらい過食し、吐いたか…その時の心境は?


過食嘔吐に関わらず、最近の悩みや、日常生活で起こったことは?


本当はどんなことを望んでいる?自分の理想の姿は?


色々な話をしました。話をするうちに少しずつ自分の気持ちが整理され、本当は何に不満で何に怒っているのか、絡み合った糸が少しずつ解けるように…


しかし、解け切るには時間もお金も足りませんでした。


45分間のカウンセリングは1回につき7,500円。


当時、私は正社員の仕事だけでなく、割と時給のいいバイトをしていたので(水商売や風俗ほどではありませんが…)、何とか捻出できましたが、何度もとなればやっぱり高いですよね。


カウンセリング開始から半年くらいでしょうか。妊娠がわかり、お金の面でも通い続けるという面でも無理と判断してカウンセリングは止めたのです。一旦休止という形で。


その時、初めての妊娠でそちらに心が行っていたからか、過食嘔吐も減っていたというのも止めたひとつの理由でした。


その後…出産してから数ヶ月、過食嘔吐が止まっていたので、カウンセラーに電話をして状態が良くなってきていることとお礼を伝え、もうカウンセリングは不要とも伝えました。


結局、また過食嘔吐が始まるんですけどね…(泣)


私の場合、こんな感じでまたしても摂食障害の治療を途中で断念してしまいましたが、お金と時間に余裕があり、相性の良いカウンセラーが見つかるのなら、カウンセリングは悪くないと思います。


ただ、こちら側の性格にも合う合わないがあるでしょうが…。


はぁ…なんて厄介なんでしょう…摂食障害