摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

新入社員

昨日は各地で新入社員の入社式が行われたようですね。ニュースでやってました。


10年以上も前、名門大学(笑)を卒業した私は、大手の外食チェーンに30人弱の新入社員の1人として入社しました。


最初は店舗勤務でも、頑張ってチャンスがあれば商品開発なんかもしたい!なんて、それなりにヤル気ありました。


ても、その頃ちょうどキツイダイエットが破綻してきた頃だったんですよね。


入社してから数ヶ月、坂道をゴロゴロゴロゴロと下り降りるように過食嘔吐が悪化。


今だから言えますけど、店の残飯を食べ漁ってました。本当に。泣きながら。


結局、そんな状態で働き続けられるわけもなく、わずか11ヶ月、1年にも満たないうちに転職することになりました。


あの頃のあの状態に戻るなら、多分死んだ方がマシかも…


会社的には良くできたヤル気ある新人、という感じだったでしょう。でも、過食嘔吐のことをひた隠しにして、必死で笑顔とヤル気を振りまいて…。


その時から、辛いと表に出している人も辛いだろうけど、笑顔の人こそもしかするとヤバいかも、と思うようになりましたね。


毎年、4月がくるとあの頃を思い出して、なんとも言えない気持ちになる。


でも新入社員ってすごいですよね。本当の門出ですから。