摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

母親と衝突

実家に帰省中の昨日、朝から母親と衝突。


だから帰省したくなかったんだよ…と思いつつ。


最初は、私のとある行動を指摘されたところから。


妹が「お姉ちゃんて○○だよね…」と、愚痴っていたことを言われた。


私のいないとこで母親と妹が私のことを話していることは容易に想像できていたが、これ、第一子には結構堪えることじゃないかな。


私は「あー確かにそうだったよね…」と思い「すいません…」と言った。


それに対し、「なんでそんな言い方しかできないの?!」と母親が強めの口調で。


確かに、私の言い方も納得できていないような印象の残るものだったと思う。


しかし、私はいつも思っていたことを吐き出してしまった。


「お母さんはさ、私がお母さんの期待する答えをしないから、そうやって声を荒げるんだよね?」


そこからは、気の強い母親と討論。


「口調が強いのはもう60年近く生きてきているんだから、変えられない。」と言う母親に、なんだかなぁ…そりゃわかってるけど、なんか歳とるって変に割り切り強くなるなぁ。


と、話し合いを始めたことすら後悔。


その後、母親は論点を変えに変え、今まで私に対して思ってきたことをぶつけてきた。


私が大きめの刺青を入れたことで、そこから理解し合えないとか…


だから私も言ってやった。母親が死ぬまで言わないでおこうと思っていたけど…


「お母さんは、私が過食嘔吐してたことに対して『わからない』って言ったよね?そして、ごはん食べるのが怖いって言っても言っても、『なんでごはん食べないの!?』って毎回毎回、否定的に言ってきたよね?」


なんか、今言ってやろうって思って。


「半年くらい前からは症状は止まっているけど、子育てしながらの過食嘔吐は辛かった。」


「わからなかったとしても『わからない』なんて言ってほしくなかった。せめて一緒に頑張ろうと、言って欲しかった」


とか。もう、子どもの言い争い。恥ずかしい。泣いちゃったし。


わかったことは、母親も摂食障害の本を読み漁ってくれてたこと。


けど、やっぱりわからないんですって。わからないって言わないで欲しいって言っても、わからないんですって。


なんかなー。結構私だって、私が期待する答えが欲しいんですね。結構母親と同じ。


結局、昨日の話し合いは何か実りあったんかな。