摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

生きるのって大変じゃないですか…

「生きるのって大変じゃないですか…」

過食嘔吐を繰り返している女性が、ボソリと呟いていたこの言葉。



5/11の金曜日。仕事でミスって叱責されたこともあり、ここのところ何となく気が重たくなっていた私は5/12に久しぶりの大過食嘔吐


昔ほどではないものの、久々に本格的な過食嘔吐


あの独特の気持ちのざわつき、コントロールできない恐怖、食べても食べても美味しくない食品。


すごく疲れて、濯ぎと呼ばれる行為すら適当に、倒れるようにして2時間ほど眠りました。


全身が疲労困憊。もちろん心も疲労感ばかりで、もうやるまいと。


そのときは思うんですよね。


それから起きて、YouTube摂食障害の動画を観ていたんですが…



その動画の中で見つけたのが

「生きるのって大変じゃないですか…」


当たり前なんです。でも本当に生きるのって大変だと思う。


頑張ればいいってわけじゃないし、一生懸命やってもミスったら怒られるし、外部はいちいちうるさいし。


まぁ、そんなのわかりきってることなんですけど、本当にここ数日、心が風邪をひいたようで辛かった。


「何にでも頑張って、抜き方を知らない」なんて言うけど、じゃあ抜き方を…力の抜き方を教えてよ!