摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

しばらくの間のこと

3週間くらい前に、私自身ものすごく反省したことがありました。


過食嘔吐の話に繋がりますが、最初は無関係な話です。


子どもが習い事の大会で勝ちたいというので、


ならば…◯◯した方が良くない?もっと真面目に取り組んだら?もっと自主練したら?もっともっともっと…!!


良かれと思って色々言ってしまっていて。もちろん褒めてみたり、持ち上げてみたり、少し放っておいたり…私なりに試行錯誤でしたが…優勝したいと言うものだから、結構口出ししてしまい。良くないと思いつつ。


結果、どうなったか?


大会本番になっても、本人は全然アップしないし、集中していないし…


私、試合直前まで、追い詰めるかのように口出ししてて、子どもは硬くなり実力出しきれず初戦敗退。


こんなこと書いたら、どなた様かに頭引っ叩かれそうですね。


猛省しました。こんなことなら、もつアップなんかさせずに試合に出させたら良かったと。負けたらそれはそれで、アップの必要性を感じるかもしれないし。ただただ本人の気持ちを乗せて、思い切り試合させたら良かったと。


もちろん私も色々な人から話を聞いたり、育児書、育児ブログ、専門家の見解…親として完璧じゃないから、わからないこともたくさんあるから、悩みは尽きないわけです。


子どもは親のアクセサリーじゃない。それはわかっているんだけど、なかなかうまく行かなくて。


そんなとき、ふと…子どもに頑張って欲しいと思っているのに、私ときたらどうだ。


ちょっと過食衝動がきたら、なし崩しに過食嘔吐


もちろん、過食嘔吐の症状がかなり辛いときだったなら、我慢なんてできなかったし、我慢できたとしても10倍返しで症状が出たり、なかなか難しかったと思うけれど、今なら我慢がある程度きく。


だから、子どもに頑張って欲しいと思うなら、まず自分が頑張ろうって。過食嘔吐を我慢しようって。


※人によっては、頑張れ!が辛いものになることは承知の上です。


そんなことで、今過食嘔吐ストップ中です。