摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

過食嘔吐ゼロ記録

※もし最初から読んでいただけるという場合には、初回投稿の「自己紹介 - 摂食障害でも…大丈夫。」の記事からご覧いただけると嬉しいです。

 

※過去記事を読み返して、こんなこともあったなぁ…と思ったので、ここに貼っておきます。「裸にされるらしい過食症回復団体に遭遇 - 摂食障害でも…大丈夫。

 

しばらく更新していませんでした。

 

そして、しばらく過食嘔吐をしていません。

 

大切な人ができて、過去の摂食障害のことを打ち明けました。

 

このブログを、初めて人に教えました。

 

リアルな話を見せるのは抵抗があり、怖かったけど、離れて行く人ではないと思えたし、全部知って欲しいと思えたから。

 

大切な人は、最初から全部読んでくれて、「過食嘔吐」は知らない世界だと言いました。

 

人が驚くような経験をしてきた人ですが、それでも過食嘔吐は未開だと。

 

そして、過食嘔吐に関することをたくさん聞いてきました。

 

私が今のこの状況だから…なのかもしれませんが、細々と聞いてくれることが嬉しかった。

 

サポートはするけど、摂食障害のことはよくわからないと言った母。

 

過食嘔吐しようがしまいが愛して一緒にいてくれる夫。

 

2人の存在はありがたいけれど、だけど、私のはきっと、もっと一緒に、その原因を考えて欲しかったのだなぁと。

 

私が太ろうが痩せようが、一緒にいてくれる人はたくさんいるけど、一緒に原因を考えてくれる人は初めてだった。

 

どういうときに吐きたくなる?なんて話だけでなく、過食嘔吐を見せて欲しいとすら言う人。さすがにそれは見せられないけど。

 

カウンセラーは所詮仕事。そうではなくて、本当に向き合ってくれる人の存在は大きい。

 

そんな人を見つけた私は、ラッキーだし、そりゃあ私だってこれまで頑張ったけど…だけどラッキーだ。

 

その人と共に、もう過食嘔吐のない人生を歩みたい。

 

「完治」と言い切れないような病気だからこそ不安は大きいけど、私は前に進みたい。進め、私。