摂食障害でも…大丈夫。

摂食障害でもちゃんと生きるための記録

食事のルール

※もし最初から読んでいただけるという場合には、初回投稿の「自己紹介 - 摂食障害でも…大丈夫。」の記事からご覧いただけると嬉しいです。

 

※過去記事を読み返して、こんなこともあったなぁ…と思ったので、ここに貼っておきます。「裸にされるらしい過食症回復団体に遭遇 - 摂食障害でも…大丈夫。

 

ここ1ヶ月ほど

生活が少し変わって、食事を摂る環境にも変化が。

 

これまで好き勝手に食べてきた私だから、

なかなか新しい環境での食事が難しい

 

例えば1食、2食・・・ときどき違う環境で食事を摂るのは平気。

そりゃあ私だって長い長い摂食障害生活。

 

なんとなく合わせる」ことはできるから。

 

摂食障害を患う人の中には、「他人との食事」や「予定外の食事」が

苦手な人、多いのではないでしょうか。

 

だいぶ状態が良くなっている私ですが、それでも

 

「何をどれだけ、どの順番で食べるか?」

「タンパク質や炭水化物の量が丁度良く摂れているか」

「今日は食べ過ぎてはいないか」

 

食事に関して、いろいろな“心配ごと”があります。

 

それと「今日はたくさん食べるね」だとか、そんな言葉をかけられると

どうしてもそれが小さな棘のように心にサクリと刺さってなかなか抜けない

 

相手が“どうでもいい人”だったり“頻繁に会わないような人”だったりしたなら

その棘のようなものは、放っておいてもいつか忘れたころになくなるのだけれど

大切な人だったら話は別。

 

ということで、またいつもの自分勝手な私がムクリと起き上がって

不満がある!うまくやれない!ストレスになる!

そんな風に涙ながらに訴えて、そしてふて寝した。

 

いつか、食べ過ぎた日も、食べ足らない日も、思い通りにいかない食事も

すべて「まぁいいか」と受け入れて、知らん顔して過ごせるひが来てほしい。